VirusBarrier X6とAjax

昨年あたりから、電源ボタン長押しレベルの強制再起動に多々みまわれていた。

症状としては以下の通り。

・WordPressで、画像アップロード時に、アップロードが始まらなかったり、アップロードされても先に進まない。ブラウザを強制終了させると、今度はFinder等の動きが緩慢になりやがて時計が止まりフリーズ。

・Googleアナリティクスで、Lightbox系のウィンドウが開くと、レインボーアイコンになり、ブラウザを強制終了させても、やはりFinder等の動きが緩慢になりやがて時計が止まりフリーズ。

・アメーバのワールドで、「初めての家を建てましょう」のチュートリアルでゲームが停止し、なにも出来ない状態になる。

昨日、Mac友人とチャットしていた時にひらめき、恐らく問題解決。
SZKさん感謝です。

どうやら、Ajaxの非同期通信とVirusBarrier X6の「リアルタイムスキャン」の仲が悪いようだ。
現在、様子見ではあるが、Ajax系が絡む際のトラブルは無くなった。

VirusBarrier X6をお持ちのMacユーザーで心当たり有る方は、一度、リアルタイムスキャンを停止してみると、穏やかにすごせるかもしれません。

カテゴリー: Mac

VirusBarrier X6とAjax への1件のコメント

  1. yo より:

    同じような時期から、まさに同じ症状に悩まされていたので、情報にすごく感謝です。
    今日、原因がVirusBarrier X6ということまでは特定して、全部の保護をOFFにして様子を見つつ何か情報はないかと探していて、このページに辿り着きました。リアルタイムスキャンをOffにして見ます。これですっきりしそうです。